スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

堕ちること

ちょくちょく読んだ本について書いたりはしてる訳ですが、基本あんまり本を読んでこなかったので知らないものがたくさんあります。

つい最近、スマホを買い換えました。割と容量に余裕もあるので、いろいろなアプリをいれたりしてます。そのなかでも特に気に入ってるのが青空文庫です。著作権切れの本をまるっと無料でダウンロードできる読書アプリです。
著作権切れになって(50年以上経って)も読まれてるっていうかなり高いハードルを超えてる作品なので、精鋭揃いだと思っています。そうでもないのもあるかもしれませんが。
まあそれがあるので、最近今まで読んでなかった古典とか名作的なものを読む機会が増えてます。

で、ここからがやっと本題なんですが、坂口安吾の「堕落論」って評論?エッセイ?が、キレッキレだなと思いました。読んでるときの読み手側の心情とかも多分に影響しているとは思うけども、なるほどって唸らせられるとこもあるなぁと。

47の浪士が処刑されたのは、生き長らえることで、晩年に折角の名を汚すものがでてはならぬとした幕府側の温情だ、という視点です。
国を守るために命をかけた特攻隊やその仲間が生き長らえて闇市で稼いだり、未亡人があらたにときめいたり、そういうことを正すために、武士道や規範や道徳やらがある訳だけど、それは人情や人間性をわかっていないから出てきたものではなく、人間が堕落していくものだと分かっているからこそ作られたものである。でも、どうやったとしても、人は生き長らえることを選ぶし、堕落するよね、といった感じだろうか?
だからといって堕ちぬくには人間は弱すぎる。だから武士道をあみださずにはいられないけど、借り物のそれでは救いにもならんし、堕ちぬくこともできない。

堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。そしなきゃ自分自身の武士道をあみだすことはできんとさ。

まとめたいけど、なかなかまとめきらんわ


at 15:01, はれ, 携帯からこんにちは

comments(0), -, - -

no title

アウトローを気どるために、視点をずらすのはとても簡単だ。
だって、すでにそういうアウトローさんはいっぱい居るので、なんとなく公約数的なものを真似すればいいだけだ。その公約数すら掴めないようなのは論外だけど、それなりに自信を持ってる人なら易いことです。

でも、勝負するとなると、そんなクソアウトローもどきじゃダメだよなと思う。
月じゃなくて太陽を、
夕方や朝焼けじゃなくて、昼を夜を
深海じゃなくて、海岸や海を
C♯m9じゃなくて、Gを
そういうありきたりを書いて、アウトローともインハイとも直球ド真ん中とも勝負できなきゃまだまだ甘いぜ。と思う今日この頃。

それはそれで大事だし、いいことだけど。
そこに居続けるのは、アウトローを排斥しようとする奴ら(仮定)と差異なんかねーよ、と思う。

at 08:55, はれ, 携帯からこんにちは

comments(0), -, - -

no title

冬の抜けるように晴れた空を見て、「あー死にてえなぁ」と思ったり
淀んだ深い川を見て、好きな人と共犯者になって沈みたいなあと思ったり
でも、そういうのは、特に変な人アピールという訳でもなく、ゲージュツを気取っているつもりもなくて
まぁ基本自分のことを話す相手なんていない訳で、そういうことを発信することもないので、そういうことになりようも無いわけで、ただのちょっと浮いた人という扱いになる訳ですが。

学生を卒業しようとも、社会人としてそれなりに働こうとも、仕事の能力をそれなりに買われようとも、救ってくれそうな人を見つけたとしても、
やっぱり、そういうメンヘラと同じ頭の回路は変わることがない。

クライシス的な状態かなーと思って、クライシスメシア的な?彼女を求めて救われた気になってたけど、やっぱりそういうもので人間の根本なんて変わる訳ねーんだなと思う。あと僕には基本的に女を見る目がないんだなって思う。きっと。

結局なんだかんだあっても、10年経とうが20年経とうが、頭の中は一緒だ。
ただ少しは整理できてきたと思いたい。

at 22:22, はれ, 携帯からこんにちは

comments(0), -, - -

初体験!

おひさしぶりです。

なんやかんや忙しくしてました。主に仕事ですけど。
仕事のこと。中途半端に歯車としての性能が良いことで、専門以外の仕事もあれやこれやとやらされていくのです。で、中途半端さゆえに、専門外をそこまで引き受けるとなると、ギブアップしそうなくらいしんどい!
なんか気持ち的にねー。そんで、不眠とか蕁麻疹、免疫力低下とか身体症状にもなって、ライフゲージ点滅状態。

そういう経過もあって、気持ちと自信の回復の為にがっちり専門職範囲内のアルバイトを探しました。給料は特に気にしないで。自分のスキル維持の為の感じで。
で就活してみると、僕のことをけっこう気に入ってくれはるところがあり、10月からアルバイターしてました。やっぱり得意なことで能力発揮できると、気持ち的にはかなり楽になるもので、ちょっと復活してきました。
あとそこの先生が、けっこう気が合う人だったのも大きいです。仕事で関わった人の中では今までで一番くらい。仕事の面でもかなり評価してもらえて、気持ちもほくほくでした。
僕が思うに、求人に書いてあった条件だと、資格取り立てで経験浅い人か、経験あっても能力低い人が来るかなーぐらい。だから、そこそこ性能の良い歯車が来ると、今までとの差もあって良い印象になるんだろうな、と。

そんで時々先生と今の仕事の話とかをすることも出てきまして。専門外をぐいぐい押し込まれてくる状況をちょっとグチってたりもしました。
それからしばらくして、先生から僕が今働いているとこの給料ってぶっちゃけどのくらい?といったことを聞かれました(もっと穏便な言い方ですけど)。僕は時間外とかで多少変わるけど、だいたい○○万くらいですかねーと返事。
すると先生から、それと同じ水準は出すから、正規でうちに来ない?と。専門外も夜勤もなし。研修や学会参加費用も年に○○出しますし……等々、嬉しい追い打ちもありました。
引き抜きキター!ですよ。社会人になって5年、初めてのことで、さらに気持ちほくほくでした。

一応、今のところは年度単位での動きが多いので、年度一杯までは勤めることに。今の上司にもなんとか話は通せたし。来年度からは、ほんとに得意なところでやれることになりました。
あと3ヶ月、なんとか切り抜けようっと。

という感じで僕的にはけっこう激動の日々でした。
まぁ言うても、穏やかな激動ですが。

at 14:32, はれ, 携帯からこんにちは

comments(0), -, - -

弱い犬ほど(略

ケータイで(正確にはスマホでなんだけど)ネット見てると感じる気味の悪さ。
原因は卑猥な?広告なんだけど。
広告を見るだけで感じる、哀れな程のうすっぺらさ。
でも、うすっぺらさに反比例して過激な文言の垂れ流し。

たとえば、表現として男色とか不倫とか近親姦とか、そういうタブー的なものが、お手軽な強調アイテムに成り下がっている感じがする。
たぶん、そういう設定が考え出されたのは、普通の設定でこれ以上ないくらいの表現をした人が、今までの表現をなんとかして越えようと設定面でタブーに切り込んだんだと思う。(あくまでたぶん)
タブーに切り込んでいくことによって、もともとの表現技術との相乗効果で、より一層幅や奥行き、インパクトを出せるようにもなるんじゃなかろうか。
けれども、いまやそういう技量が問われるところはめんどくさいからすっ飛ばしてる。そんで設定だけを流用してるから、なんか薄ら寒い感じがする。使い方は英語で言えばveryぐらいの意味しかない。

そういう文言があることを知っている分マシなんだろうけど、
正直いかがなもんだろうかね。
小学生、中学生が大人にとってインパクトのある言葉を使いたがるのもそんな感じがする。ただ単に強調したいだけ、自分はすごい体験をしているんだって。言葉の意味まで考えて使っているのは見たことがない。

at 22:56, はれ, 携帯からこんにちは

comments(0), -, - -

インフルエンザの件

先日のインフルエンザの件ですが、
しんどさの原因はただインフルさんの症状がきつかったようです。
3日で4回の点滴がとりあえず必要とのことで、今までに未体験なしんどさも当然のことのようでした。

うまくいかない日々が続くと、
これにもなんか違う原因があるのかな?
あのときこうしなかったから?
とか、いろいろ八つ当たり的に考えてしまいがちでよくないなぁと思う。
うまくいかない日々がつながってしまうと、いっそやめてしまいたくもなるね。

at 00:24, はれ, 携帯からこんにちは

comments(0), -, - -

no title

久しぶりにインフルエンザになりました。そんで思うのが、こんなにしんどかったっけなぁ?ということ。
やっぱり体力が落ちているせいだろうか、それとももう若くはないってことなのかな?
頼れる人(看病的な意味で)がいないことからくる不安もあるのかなぁ。
しんどくなると、心が弱っちゃうよねぇ。

at 17:24, はれ, 携帯からこんにちは

comments(0), -, - -

no title

皆様こんにちは。
なんだかんだで、そこそこ良い仕事を頂き、脱無職を果たしました。

週4勤務なので平日休みがあるのがありがたいです。
早速その平日休みを生かして外出してます。やっぱり休日に外でるよりも、なんか気が楽だなーと思う。人が少ないっていうのも理由のひとつだと思うけど、それだけじゃない他の要素もあるんだと思う。けれど何なのかははっきり言葉にできないなー。

at 12:32, はれ, 携帯からこんにちは

comments(0), -, - -

no title

しばらく無職してましたが、とりあえず一個内定いただきました。前回の記事で言ってた内容で考えると、前者と後者の中間ぐらいの感じ。
最終的にはここに決定するつもりですが、後々後者の高倍率受験突破した人から「あぁ、試験受からなかったバカなやつか…」とバカにされる可能性もなきにしもあらず。
と言うわけで、将来に出てくる可能性があるムカつくやつに反論の余地を与えない為に、後者も受験します。まぁ既に筆記試験は通過しているんですけどね。面接も通れば完璧かなぁ、とか思ってます。

自分でも、ひねくれてるなぁ、とは思うんだけど。
僕は基本単独行動のソロ充ぼっちですから、なんか群れてるだけで気が強くなっているあほうに舐められやすいんですよね。
そういうときに、こういうふう強引にでも認めさせるぐらいの実績とかがあると、ねじ伏せるのに楽なのだ。
とは言っても、そういう風に準備したことを実際に使うことなんて、すっごく稀なことなんだけども。

at 15:19, はれ, 携帯からこんにちは

comments(0), -, - -

no title

地元に帰りました。
そして、仕事が未定という無計画。
一応、就活はちゃんとしてますけども。
知ってるけど、やっぱり求人は少ないよねー。
とは言っても、スキル+経験と有能さアピールを多少獲得したので、卒業したての時に比べれば選択肢は増えたのは良いことか。

しんどくてやりがいがある所を選ぶと給料が少なく、楽そうで定型業務こなすとこのが給料が良い。
どっちを選ぶのか迷うとこだな、っと。(倍率は断然後者のが高い)

at 13:21, はれ, 携帯からこんにちは

comments(0), -, - -